「目で見て盗め・見て覚えろ」は時代錯誤!?「丁寧に教える派」の意見に賛否両論!

よく、昔気質の職人や料理人のドキュメンタリーなどで、親方のやっていることを「目で見て盗め・見て覚えろ」などという教えを実践するところがありますが、これが時代錯誤だったり合理的な意見が共感を呼んでいます。

「目で見て盗め」は時代遅れ

「目で見て盗め・見て覚えろ」は時代錯誤!「丁寧に教える派」の意見が共感を呼ぶ!

「目で見て盗め・見て覚えろ」は時代錯誤!「丁寧に教える派」の意見が共感を呼ぶ!

「目で見て盗め・見て覚えろ」は時代錯誤!「丁寧に教える派」の意見が共感を呼ぶ!

「目で見て盗め・見て覚えろ」は時代錯誤!「丁寧に教える派」の意見が共感を呼ぶ!

業務が非効率でパワハラの温床になる可能性も

「目で見て盗め」「見て覚えろ」という風習が続く職場では、親方や先輩がやった後に「やってみろ」って言われるわけですが、はっきり言って一回見ただけではわかりません。それでできなかったら叱られるというのもパワハラの温床になるのではないでしょうか。

そして、親方や先輩が教えるという習慣がないため実質教え方がわからない場合もあります。ですので、いざ教えようと思った時に効率的・効果的に教えることができるのかは個人間にバラツキがあるのではないでしょうか。

例えば、圧倒的なカリスマ料理人が一人で料理するというならまだしも、基本的にはどの飲食店も味の質の均一性は求められるわけですから、「目で見て盗め」で盗めてない人がいた場合のフォローは果たしてできるのでしょうか。やはりある程度マニュアルがあった上での「目で見て盗め」というほうがまだ合理的にも思えます。

ネットの反応

 

「全部」目で見て盗め はよくないよね。 「修行を積んでしか分からない事」とかって、言葉にして相手に伝えるのって難しい、熟練した職人にしか得られないセンスなので、「そこの部分は見て盗んでくれ」と言うのが正しいんじゃないかな

「目で見て盗め」とは、『ああ❗️なるほど❗️』って体験によって心に深く印象付けられたものを自分の感覚として獲得しろ、って意味が込められています。
教えられただけなら、すぐにでも忘れることも多くなりますが、自分で気が付き体得したものは、そう易々と忘れることはありません。

まあ、これは結局「教えるのが面倒臭い」って意味だと思っていましたけど。

面倒臭いって人もいるかもしれませんが、単に口下手だからという理由の人もいるかもしれません。

こうして口下手なタイプは、技能が高くても淘汰されてしまうのであった・・・

「目で見て盗め」とは、『ああ❗️なるほど❗️』って体験によって心に深く印象付けられたものを自分の感覚として獲得しろ、ってことだと思う。自分で気づきを得て会得したものは中々忘れないと思います。

ホワイトな飲食店を探したい人へオススメの求人サイト

「ペコリッチ」で求職でタダ飯食べて、バイトを決めてお祝い金ゲット!

3000件以上の都内飲食店アルバイト求人を掲載!
下見に行けるタダ飯クーポン(5000円以上の高級店も可能)で、失敗しないバイト探し。
採用時のインセンティブとして3000円〜最大2万円の「お祝い金」が貰える!

年収500万円も!ハイレベル飲食系求人専門の【H Agent】

年収500万円可能!ハイクラス飲食求人がメイン!
ベンチャー飲食店舗から1部上場企業まで幅広く優良求人を提案!
入社お祝い金(最大30万)/内定お祝い金(最大3万円)の両制度で転職をバックアップ!


当サイトの人気記事

サラリーマンの副業にブログがオススメな理由
サラリーマンで副業するならブログ運営が良いって友達に言われたけど、実際何が良いのだろう?当記事では、 サラリーマンの副業にブログがオススメな理由とブログに貼る広告はアドセンス広告型とアフィリエイト広告型実際どちらがよいのかの比較を通してブログ運営のメリットをお伝えします。
ホワイト企業へ転職したい人必見!ホワイト企業の10の特徴と定義
昨今、ブラック企業という存在が可視化されてきており、これが社会問題となっている現状ですが、そもそもこういったブラック企業に当たらないために、その対極の概念であるホワイト企業に入ることを目指さなくてはなりません。 今回は、そんなホワイト企業の定義や特徴、ホワイト企業に入社するための方法をご説明したいと思います。
ブラック企業の定義と特徴、入社してはいけないブラック企業のリスト一覧
ブラック企業には入りたくはないけど、ブラック企業ってそもそもどういう特徴があってどういう企業があるんだろう。当記事では、ブラック企業の定義と特徴や入社してはいけないブラック企業のリスト一覧を通してお答えします。

更新情報をFacebookで受け取る

社畜・ブラック企業批判
記事をシェアする
フィード購読をしたい人はこちらをフォロー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新記事をお届けします。

関連記事

まだ社畜で消耗してるの?