転職に失敗してしまう5つの原因とその解決方法

転職をしたいと思ってるけど、失敗するのが怖い。どうすれば失敗しないで転職できるのだろうか。

当記事の内容

・転職に失敗してしまう原因
・転職に失敗しないための解決方法

転職に失敗してしまう5つの原因と解決方法

転職をして後悔したことってありませんか?条件だけをみて転職したら結局前職のほうがよくて結局、出戻り転職したことのある人もいるのではないでしょうか。

出戻り社員(再雇用)の受け入れを制度化している企業はわずか9%と、出戻り転職できる確率はまだまだ少いので、一度所属している企業を離れたら同じ会社にに出戻るのは難しい状況です。

出戻り社員(再雇用)の受け入れを制度化している企業
出典:prtimes.jp

そうならないために本当に転職すべきかの判断なども含めて転職に失敗してしまう5つの理由とその解決方法を深掘っていきたいと思います。

口コミや企業の業績などの情報収集をしない

「いざ入社してみたらブラック企業だった」というのは転職の失敗としてよく耳にする理由です。これは情報収集の不足が最も大きな原因です。
転職の理由は人それぞれですが、どのような理由であれ転職で後悔しないためには情報収集は欠かせません。しかし、ただ求人情報を鵜呑みにしているだけでは十分な情報収集とは言えないので、様々なソースから客観的な情報を集めてくることが大切です。

まず、はじめに会社のホームページ会社四季報等で売り上げや利益といった経営状況を確認しましょう。小さな会社などではこうした情報が非公開な場合もありますが、上場企業をはじめとした多くの会社が経営状況に関する数値を掲載しています。経営状態の良し悪しがすべてではありませんが、自分が入社しようとしている会社の経営状態は把握しておくに越したことはありません。

なお最近では、転職の情報収集に口コミサイトや人材紹介エージェントを利用する人も増えています。
口コミサイトは極端な意見もありますが、だいたい火のないところに煙は立たない、悪い噂はだいたいそれに近いことが行われていると思ってよいでしょう。
また、口コミという意味では、「5ch(もしくは2ch)」と「企業名」などで検索エンジンで検索してスレッドが立っていないか、もし立っていたら内容を吟味して、悪い評判は立っていないか必ず調べましょう。

口コミサイトは10万件の企業口コミと一括応募ができる「キャリコネ」がオススメです!
10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

また、転職エージェントは自分に合った企業をマッチングさせてくれる便利なサービスですが、エージェント会社のキャリアアドバイザーは、それぞれの業界について知見があり、離職率やブラック企業な噂などを把握していることが多いので、エージェントのキャリアアドバイザーにヒアリングして情報を仕入れることは大事だと思われます。また、既卒や第2新卒、フリーター向けにブラック企業を排除した転職エージェントも
もちろん、すべてをエージェント任せにしていると入社後に後悔するパターンもあるので、あくまで判断材料の一つと考えてください。

ブラック企業を排除した既卒・第2新卒・フリーター向け求人サイトは「ウズキャリ」がオススメです。

ウズキャリ既卒・第二新卒の評判は?利用者の口コミからメリット・デメリットを紹介!
ニートやフリーターだと、まともに就職できなさそうだし、入社できてもブラック企業の確率が高そうな気がするけどどうすれば?当記事の内容ではニートやフリーターでも就職できて、ブラック企業排除の求人が多いウズキャリ既卒・第二新卒の特徴や利用者の口コミからみるメリット・デメリットを通して疑問にお答えします。

今いる会社の再評価ができていない

とにかく今すぐにでも会社を辞めたいという気持ちから勢いで転職する人は少なくありません。しかし、会社を変えれば今抱えている問題は解決されると思って転職活動を行うと失敗の原因にも繋がります。

今の会社が嫌だというネガティブな気持ちばかりが先行してしまうと、次の会社を選ぶ際に、やたらと良い部分ばかりが見えるなどイメージ先行しがちです。しかし、これでは次の会社が想像していたイメージと異なり、また新たな不満が生まれ、すぐに次の転職を考えるようになるでしょう。

実際に短期間で転職を繰り返す人は自分のスキルや仕事に取り組む姿勢を省みることはなく、会社さえ変われば問題はすべて解決するという逃げのための転職活動をしている場合が多いです。

転職を検討し他の会社の情報を収集している時には、一旦立ち止まって今いる会社の再評価をしてみましょう。すると今の会社にも自分にとって多くのメリットがあることがわかるかもしれません。また、今の会社にメリットがたくさんあることが再確認できれば、問題は現状を打開しない自分の仕事に対する姿勢であるといったことにも気づかされるのではないでしょうか。

また、パワハラ上司やモンスターなクライアントによって辞めたいと思っている場合は、部署異動の願いを出してみるのもいいかもしれません。会社で新規事業の担当の公募などがあった場合は迷わず名乗り出ましょう。そうすることによって新たな会社でのポジションとキャリアパスが開けるかもしれません。

転職はあくまでステップアップだと考えましょう。新しい会社では今よりも厳しい環境に身を置いてより自分を成長させたいというくらいの上昇志向を持って転職活動に臨むことが大切です。

見栄を張った会社選びをする

「友達から憧れられるようなネームバリューのある会社に転職したい」「前よりも小さな会社に転職したら周囲にどう思われるだろうか」といった世間体や見栄を気にして転職活動をしていると後悔する可能性が高いでしょう。そもそも、周囲の人の転職先にそれほど興味を持っていないことも多く、仮に誰もが知っているような有名企業に転職したからといってそれほどちやほやしてもらえるものでもありません。人に羨ましがられたいことが転職の目的だった人にとって、周囲の人がちやほやしてくれなければその時点で転職した意味は失われるだけでなく、入社後のモチベーションを維持するのも困難でしょう。

転職先を選ぶ時にはその会社で本当に働きたいか繰り返し自問自答してみることも大切ですし、自分の気持ちがよくわからなくなった時にはどうしてその会社に転職したいのか書き出してみましょう。書き出すことで可視化され自分を客観視しやすくなりますし、もし書き出した動機に見栄や世間体が感じられるようならば、その転職は一旦保留した方が良いでしょう。待遇や給与といった目に見える項目も大切ですが、転職を成功させるには自分のやりたいことがその会社でできるかどうかという点にフォーカスするのも大切なポイントです。

志望動機が「年収」や「肩書き」

転職の際に大企業や有名企業ばかりを候補に上げる人がいます。また、業務内容などはさておき、まずは「年収」や「肩書き」などの待遇・条件のみに目がいく人も少なくありません。このように条件面での選り好みが激しいと転職先となる候補を自らの手で限定してしまい、可能性を狭めてしまうことにもなりかねません。

しかも、給与や企業名など働きやすさややりがいなどとは関係のない要素ばかりを重視しているので、入社後に「これではいくら有名で給与が高いからといっても仕事を続ける自信がない」といった状況に陥りやすいと言えるでしょう。

また、「年収」や「肩書き」はあくまで仕事の結果であるので、面接などにおいても、まずは企業側に自身がどのような貢献ができるかを問われることになり、その際うまく答えられない可能性もあります。

転職で後悔しないためには、これだけは譲れないという必須条件を持つことも必要ですが、それと同時に妥協点を決めておくことや、中小優良企業にも目を向けることも大切です。恐らくすべての条件を満たしてくれる会社はほとんどないでしょうし、人は環境に慣れる生き物なので妥協点に関しては入社後それほど気にならない場合も多いものです。

また、給与などの条件ばかりを気にして次の会社をすぐに辞めることになればスキルアップに繋がりません。条件より居心地の良さを重視することで次の会社で時間をかけて十分なスキルを身につけることができれば、そこから更に上のステージを求めて転職することもできます。次の会社でスキルを磨きそこから更にステップアップしていくという気持ちを持っておけば、次の会社に完璧な条件を求めなくて済むはずです。

自己分析ができてなく自身の市場価値を把握していない

今の会社での状況に不満を抱き転職を希望する人は「自分の仕事に対する給与に不満がある」「重要な仕事を任せてもらえない」と言ったセリフをよく口にしますが、はたしてこれは本当に会社のせいでしょうか。しかし、自分の給与を同業種の他の会社と比較しても適正であったり、重要な仕事が任されないのはスキル不足や上司とのコミュニケーション不足などが原因であるなど、会社ではなく自分に落ち度があることも多いです。

また、周囲の協力や会社の看板で仕事をさせてもらっているにもかかわらず「自分ならどこに行っても仕事ができる」と自身を過大評価している人もいます。このような自己分析があまりできていないタイプは実際に人材紹介エージェントなどに登録した際に、市場における自分の市場価値が想像以上に低く、自分の希望する会社とはマッチングできずに愕然とするはめになります。今の会社では通用していると思われるスキルも一歩会社を出ればまったく評価してもらえないことも少なくありません。

転職で後悔しないためには、まず客観的な自己分析が欠かせません。そして、自己分析によって現在、自分が持っているスキルでは理想とする会社に転職できないとわかったら、焦らずに資格などのスキルアップを目指しましょう。焦って転職すると急がば回れになりかねませんので、しっかり準備することも大切です。

まとめ:転職に失敗しないための解決方法

転職に失敗しないための解決方法
会社四季報などで経営状況、口コミサイトや転職エージェントで社内の雰囲気などを情報取集する
今いる会社の再評価をしてみる(現職に「好き」が2つ以上あるかどうか)
見栄をはらない
選り好みせず中小優良企業にも目を向ける
自己分析をして自分の市場価値を客観的に把握。
・スキル不足であればスキルアップを目指す。

もし転職活動をするのであれば、口コミ情報など情報収集が出来て、キャリアアドバイザーから企業の生の情報がヒアリングできる、また自己分析などをすることで自分の市場価値を把握させてくれる転職エージェントを利用して失敗しない転職活動をすることをお勧めします。

優良企業を目指したい人向けのオススメ転職エージェント

10万件の企業口コミ。キャリコネ

・3700万人以上の社員・元社員の口コミ情報があるのでブラック企業は一目瞭然!
・大手16社の求人情報、約20万件以上を一括検索!希望する転職サイトに同時登録も可能。
・面接の体験レポートなど求職者にとって価値の高い情報も手に入ります。

業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集

DODAの特徴 ・非公開求人を含む10万件以上の求人からマッチした案件を紹介
・直接オファーが届くスカウトサービスも有り
・書類対策。面接対策・年収交渉もサポート

【非公開求人数業界トップクラス】リクルートエージェント

1.キャリアアドバイザーが、面談の中で求職者の気づいていない強味を発見
2.過去の多数の事例から、多数の非公開求人の中から最適な求人を紹介
3.職務経歴書や面接のアドバイスだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にキュ食者の強みや魅力をアピール

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

・履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など転職初めてでも安心
・スキルや経験だけでなく社風と合うかを判断して転職先を提案してもらえる
・求人の質が他エージェントよりも高く独自の求人もある

マイナビエージェント

・関東エリアの優良企業の求人が豊富
・人事&採用担当との太いパイプがあり20~30代に転職サポートに強い!
・応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポートが受けられる


当サイトの人気記事

サラリーマンの副業にブログがオススメな理由
サラリーマンで副業するならブログ運営が良いって友達に言われたけど、実際何が良いのだろう?当記事では、 サラリーマンの副業にブログがオススメな理由とブログに貼る広告はアドセンス広告型とアフィリエイト広告型実際どちらがよいのかの比較を通してブログ運営のメリットをお伝えします。
ホワイト企業へ転職したい人必見!ホワイト企業の10の特徴と定義
昨今、ブラック企業という存在が可視化されてきており、これが社会問題となっている現状ですが、そもそもこういったブラック企業に当たらないために、その対極の概念であるホワイト企業に入ることを目指さなくてはなりません。 今回は、そんなホワイト企業の定義や特徴、ホワイト企業に入社するための方法をご説明したいと思います。
ブラック企業の定義と特徴、入社してはいけないブラック企業のリスト一覧
ブラック企業には入りたくはないけど、ブラック企業ってそもそもどういう特徴があってどういう企業があるんだろう。当記事では、ブラック企業の定義と特徴や入社してはいけないブラック企業のリスト一覧を通してお答えします。

更新情報をFacebookで受け取る

社畜・ブラック企業批判
記事をシェアする
フィード購読をしたい人はこちらをフォロー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新記事をお届けします。

関連記事

まだ社畜で消耗してるの?