【体験談】ばっくれ続出!とにかくきつい引っ越しバイトを辞めた理由

この記事では、ネットで募集したブラック企業体験談を執筆者の合意のもとで掲載しています。 こういった体験談を知ることで、少しでもブラック企業から抜け出せる勇気を持ってもらえればと思っています。
20代/男性/引越し会社:アルバイト(当時)

引っ越しバイトはかなりきついものが多いです。私もかなり理不尽な目に遭いました。
今回は、かつて私が経験した引っ越しバイトでのブラックな経験をお話をしたいと思います。

先輩の圧がすごい

日払いの引っ越しバイトには、短期間でガッツリ稼げるイメージがあると思います。私も同様のイメージを抱いていました。また登録制のものも多く、煩わしい面接を受けなくて済むのも魅力だと思います。効率よく稼ぎたかった僕はその魅力に惹かれ、引っ越しの登録バイトを始めたのです。しかしこれが悪夢の始まりでした。

登録制のバイトなので、どんな人と働くかは現場に行くまで分かりません。初対面の先輩と一緒になることも多いです。
初対面の人にはそれ相応の接し方があると思うのですが、僕が経験した引っ越しバイトの先輩たちは、常軌を逸するほど冷たい態度でした。

先輩とは車内で過ごす時間が結構多く、移動する際はもちろん、待ち時間なども車の中で一緒に過ごすのですが、この時間が非常に苦痛でした。常に無言で威圧的な態度なのです。気まずい空気に耐えきれずこっちから話を振ったりしても、そんなものお構いなしといった感じで冷たくあしらわれました。先輩の後ろをついて歩くだけでストレスでした。

体育会系でしんどい

体力を使う仕事だから必然というのが正しいかは分かりませんが、引っ越しバイトの先輩は体育会系なのです。これがしんどい。仕事の指示の出し方は抽象的で分かりにくく、全て先輩のペースで仕事を進められます。ある程度はそれについていこうとするのですが、どうしても瞬時に理解できないこともあり、グズグズしているとすぐに不機嫌な態度をとられ、仕事がやりづらくなります。

重い荷物を一緒に運ぶ際も、誰もが持てて当たり前のように考えているため、こっちのペースは考えてくれません。なので何度も危険な目に遭いました。
荷物に傷をつけないことにも注意を払わないといけないため、同時に色んなことに神経を尖らせておかないといけません。体力と精神力の両面に負担がかかりました。

理不尽に怒られる

先輩たちは体育会系で、理屈が通りません。理不尽に怒られることが多いです。理屈が通らないので感情の赴くままに仕事をします。
すぐに不機嫌になるのは既に知っていましたが、例えば幅の狭い通路で荷物を運搬するときなどで、なかなか前に進めずにいると「さっさと運べ」と怒られます。また、舌打ちをしてきたり、当たり前のように圧をかけてきます。

通路が狭いことや、こっちが不慣れであることを考慮してくれません。仕方ないので今度は急いで運ぼうとすると「壁に傷がつくだろ!気をつけろ!」と怒鳴ります。

恐らくですが、「不慣れなバイトと一緒に作業している」ということにただイライラしているだけなので、こっちがいくらスムーズに作業を行っても、不慣れな私がそこにいるだけで先輩の機嫌は悪くなる一方なのです。

日常生活に異常が出る。そして辞める

引っ越しのバイトは日払いで給料が良いので、私も最初はその魅力に惹かれて始めました。力仕事にも自信があったので大丈夫だと思っていたのですが、家具というのは重いだけでなく、様々な形状があります。ただ重いだけなら良いのですが、長さが何メートルもあるものだったり、歪な形をしたものだったり、スムーズに運搬できないものが多くあります。

そして重さも一言に重いといっても並大抵の重量ではありません。重い上に持ちにくい形状のものを延々と運び続けた結果、深刻な筋肉痛になりました。
その筋肉痛というのが、一般的にイメージされているものとはかけ離れているのです。次の日になっても、その次の日になっても、一向に回復する気配が訪れないのです。トイレに腰掛けるのもままならないほど重症で、日常生活に支障を来すレベルでした。そんな状態で次の現場に向かうのは地獄でしかありませんでした。

上記に述べたように、そんなことに気を配れる先輩ではありません。筋肉痛というと体力的な側面からくる問題だと思いますが、仕事中、常に先輩たちからのプレッシャーに晒されていることもその原因の一つだと考えています。ばっくれてしまう人もたくさんいました。かくいう私も、しばらくしてその引っ越しバイトは辞めました。

引っ越しバイトに対して思うこと

引っ越しバイトでばっくれる人が続出してしまうのは、正直無理もないと思います。引っ越し業界は今働き手不足で、引っ越しシーズンはすごく苦労しているそうですが、それは引っ越し業界にいる本人たちが招いた事態なのではないでしょうか。

長時間労働かつ重労働で体力的にきついのはあるかもしれませんが、はっきり言って、体力面よりも精神的なストレスが原因だと思っています。引っ越しのバイトをしていた時は、心が荒んでいました。そこまで責任感の強くない私でも、先輩たちの顔色を常に伺いながら仕事をし、ストレスを抱え込んでいました。なので責任感が強い人たちは、もっと追い詰められてしまうと思います。

同じように引っ越しバイトをしていてお悩みの方がいるのであれば、私は今すぐにでも辞めることを勧めます。ばっくれでも良いです。大事なのは自分の身を守ることです。引っ越しバイトを辞めた後の僕はストレスからも解放され、プライベートも自ずと充実していきました。

苦痛な勤務に加え、休日は疲れ切った体力を回復させることしかできず、プライベートを充実させるなんてとてもじゃないけど無理な話だと思います。このようなブラックなバイトから距離を置くことができて本当に良かったと思っています。

ブラック企業体験談一覧はこちら

次こそはブラック企業を回避しよう!

ブラック企業を排除した転職活動は紹介予定派遣がオススメです。

紹介予定派遣の特徴 紹介予定派遣は6ヵ月契約社員や派遣社員として働きながら、会社の雰囲気を感じながらお互いに問題なければ正社員として登用される制度です。

紹介予定派遣に実績のあるDODA


■DODAの特徴
・非公開求人を含む10万件以上の求人からマッチした案件を紹介。
・直接オファーが届くスカウトサービスも有り。
・書類対策。面接対策・年収交渉もサポート。

DODAは大手の転職エージェントであり、紹介予定派遣にもかなりの実績があります。 大手だけあり、求人数も豊富でキャリアアドバイザーからの手厚いサポートも受けられます。
また、完全無料で利用できるのでまずは登録して相談してみるのもいいかもしれません。

DODAに登録する


優良・大手企業を目指したい人向けのオススメ転職エージェント

【非公開求人数業界トップクラス】リクルートエージェント

1.キャリアアドバイザーが、面談の中で求職者の気づいていない強味を発見
2.過去の多数の事例から、多数の非公開求人の中から最適な求人を紹介
3.職務経歴書や面接のアドバイスだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にキュ食者の強みや魅力をアピール

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

・履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など転職初めてでも安心
・スキルや経験だけでなく社風と合うかを判断して転職先を提案してもらえる
・求人の質が他エージェントよりも高く独自の求人もある

マイナビエージェント

・関東エリアの優良企業の求人が豊富
・人事&採用担当との太いパイプがあり20~30代に転職サポートに強い!
・応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポートが受けられる

年収2000万円以上の求人特集/ビズリーチ

・管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
・採用企業社数6,700社以上、ヘッドハンター1,700名以上で国内最大級
・国内外の優良・成長企業が職務経歴書を見て直接スカウト!

10万件の企業口コミ。キャリコネ

・3700万人以上の社員・元社員の口コミ情報があるのでブラック企業は一目瞭然!
・大手16社の求人情報、約20万件以上を一括検索!希望する転職サイトに同時登録も可能。
・面接の体験レポートなど求職者にとって価値の高い情報も手に入ります。


当サイトの人気記事

20代の既卒フリーターや第2新卒の就活のコツとオススメ転職エージェント
既卒フリーターや第2新卒だと就活や転職で不利になったりしそうだし、いまいち自分に自信を持てなかったりするけど、こういう場合どうすれば?当記事の内容で、20代の既卒フリーターや第2新卒が就活のコツやオススメの転職エージェントをご紹介します。
サラリーマンの副業にブログがオススメな理由
サラリーマンで副業するならブログ運営が良いって友達に言われたけど、実際何が良いのだろう?当記事では、 サラリーマンの副業にブログがオススメな理由とブログに貼る広告はアドセンス広告型とアフィリエイト広告型実際どちらがよいのかの比較を通してブログ運営のメリットをお伝えします。
ホワイト企業へ転職したい人必見!ホワイト企業の10の特徴と定義
昨今、ブラック企業という存在が可視化されてきており、これが社会問題となっている現状ですが、そもそもこういったブラック企業に当たらないために、その対極の概念であるホワイト企業に入ることを目指さなくてはなりません。 今回は、そんなホワイト企業の定義や特徴、ホワイト企業に入社するための方法をご説明したいと思います。
ブラック企業の定義と特徴、入社してはいけないブラック企業のリスト一覧
ブラック企業には入りたくはないけど、ブラック企業ってそもそもどういう特徴があってどういう企業があるんだろう。当記事では、ブラック企業の定義と特徴や入社してはいけないブラック企業のリスト一覧を通してお答えします。

更新情報をFacebookで受け取る

企業体験談
記事をシェアする
フィード購読をしたい人はこちらをフォロー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新記事をお届けします。

関連記事

まだ社畜で消耗してるの?