うざいブラック上司からは今すぐにでも離れたほうがいい

こんにちはジョウです

一緒に働いていて妙にうまが合わなかったり話しかけると緊張する上司っていませんか?私は過去に何人かいました。
相談しても、怒られるんじゃないかって思ったり、ビクビクしていたものです。

でも、所詮は怖い上司であっても同じ人間でありどこかで虚勢を張っているに過ぎないんですけどね。

今回はそんな、今すぐ離れたほうが良いうざい上司の特徴をタイプ別まとめました。

自分の成果や評価を上げるために保身に走る上司

このタイプは本当に保身一筋で、自分の出世のことしか考えていません。部下の成長なんてもちろん気にしていないので、部下がミスしたりすると自分の評価が下がるのを気にして、例え本来達成が難しい課題であっても、ちょっとでもできなければ詰めたり叱責します。

本来は、部下が仕事をできるようになり成長させるのが上司の役目ですが、保身が一番なのでそういった気遣いは一切ないです。ワンマン会社の管理職にありがちなタイプだと思われます。

自分が一番優れていると思っている上司

このタイプは、東大などの超一流大学出身者に多いのですが、自分が一番優れていると思っているので、できない部下の気持ちがわかりませんし、すべて自分基準なので部下を労わるという気持ちが皆無です。

まだ成長途中の部下であっても、能力が少しでもないと判断したら育てようとせずに、ほぼ無視するようになるでしょう。一方で挫折を知らないのでいざ困難に遭遇すると途端に機嫌が悪くなったりして、理由もなくキレたりするのが特徴です。

叱ればいいと思っている上司

とにかく叱ったり詰めたりして厳しく育てるという昭和のスパルタ形式を実践しているタイプです。部下が言い返せないのをいいことに「前に言ったよね」「何度言えばわかるんだ」などという言葉を投げかけてくるタイプです。

部下の成長や業績向上のためにわざと怖い上司を演じているのであればいいのですが、だいたいは単純にそういう性格だったり、そういう扱いをするのが当たり前だと思ってる人が多いです。

仕事丸投げで手柄だけ自分のものにする上司

超巨大な会社で完全に部下のマネージメントしかしないという組織であればわかりますが、だいたいの企業は管理職であっても現場の仕事もするプレイングマネージャー的な役割が多いかと思います。

しかしながら仕事丸投げ上司の場合は幹部が集まる経営戦略会議で、リサーチや企画の立ち上げを命じられた場合には、たいてい部下に仕事を完全に丸投げしてきます。そして上司は仕事しないでやっていることといえばネットサーフィンでしょうか。

そして、仕事を丸投げして、部下が頑張って仕上げた資料やプロジェクトも部下の手柄にするのであれば、まだいいですが、だいたいは自分が発表者になってさも自分が考えたかのように手柄を自分のものにします。

こんな上司ではせっかくのモチベーションも下がるばかりですが、例えそのせいで部下が辞めたとしても、新たな部下を使い潰そうとするので、とてもやっかいでもあります。

上司との関係は会社辞めればなくなる!

よく、上司が大変になるからとか同僚に迷惑がかかるからとか、後々のことを考えて辞めることを言い出しにくい人がいると思いますが、はっきりいって全く気にする必要はありません。実際は他人でしかないです。他人なわけですからズバッと辞めてもなんの後腐れもありません。

実際、会社辞めた後に前職の同僚や上司と交流があることなんてほとんどありませんし、そもそも皆さんの貴重な時間を嫌な思い出のあった上司のために使いたいとは思わないでしょう。

上司との縁を切りたければ部署異動か転職

どうしても上司との縁を切りたい場合は、まずは部署異動を願い出ましょう、すぐには無理かもしれませんが会社側もなんらかの考慮はしてくれるはずです。それでもダメな場合は退職届を叩きつけて辞めてしまいましょう。

あんなに恐ろしかった、絶対服従感のあった上司でさえ、部署異動してしまえばなんの気兼ねをする必要もありません。ましてや会社を辞めてしまえば、ただのおっさんです。

もちろん会社を辞めた場合に、ブラック企業に当たってしまった場合は元も子もありません、そういった会社を避けるためにもブラック企業を排除した求人サービス等を利用しましょう。

ブラック企業を排除したおすすめの転職サービス

10万件の企業口コミ。キャリコネ

・3700万人以上の社員・元社員の口コミ情報があるのでブラック企業は一目瞭然!
・大手16社の求人情報、約20万件以上を一括検索!希望する転職サイトに同時登録も可能。
・面接の体験レポートなど求職者にとって価値の高い情報も手に入ります。

リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援【就職Shop】

・リクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職相談&求人紹介サービス
・人柄や意欲を評価する企業が集まっているので「書類選考なし」で面接に進める
・企業は100%取材しているのでブラック企業かどうかも簡単にわかる!
・登録者の4人に3人は正社員未経験

ブラック企業徹底排除のウズキャリ

・元既卒・第二新卒のキャリアカウンセラーが徹底サポート。
・求人についてもブラック企業を徹底排除しており、離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで厳しい基準を設置。
・そのため、既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上で、入社後の定着率93%以上。また、受けてる企業のブラック企業査定も可能です。

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

・学歴職歴不問で、ブラック企業を除外した優良企業のみを紹介する転職エージェント。
・1人あたり平均10時間のアドバイザーによるサポートや書類添削や面接対策が充実。
・入社日や条件の交渉も代わりに行ってくれるアフターフォロー体制もバッチリです。


当サイトの人気記事

サラリーマンの副業にブログがオススメな理由
サラリーマンで副業するならブログ運営が良いって友達に言われたけど、実際何が良いのだろう?当記事では、 サラリーマンの副業にブログがオススメな理由とブログに貼る広告はアドセンス広告型とアフィリエイト広告型実際どちらがよいのかの比較を通してブログ運営のメリットをお伝えします。
ホワイト企業へ転職したい人必見!ホワイト企業の10の特徴と定義
昨今、ブラック企業という存在が可視化されてきており、これが社会問題となっている現状ですが、そもそもこういったブラック企業に当たらないために、その対極の概念であるホワイト企業に入ることを目指さなくてはなりません。 今回は、そんなホワイト企業の定義や特徴、ホワイト企業に入社するための方法をご説明したいと思います。
ブラック企業の定義と特徴、入社してはいけないブラック企業のリスト一覧
世の中には社員に対して、人間と思えないような扱いをする会社があります。それが「ブラック企業」です。そんなブラック企業に入社してしまったら大変です。 ですから出来るだけ速く転職した方が身のためです。ではそのブラック企業とは、具体的にはどのような会社のことを指すのでしょうか。

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪

社畜・ブラック企業
記事をシェアする
フィード購読をしたい人はこちらをフォロー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新記事をお届けします。

関連記事

まだ社畜で消耗してるの?