同族会社はブラック企業になりがち?その特徴や定義は!?

皆さんは、同族会社で働いたことはありますか?私はあります。同族会社は一族ってだけで昇進が決まったり、ハラスメントが横行したり本当に理不尽なことが数多く見られて社員のモチベーションが総じて低かったですね。
今回はそんな同族会社がブラック企業になりがちな特徴や理由を紐解いてみましょう。

同族会社の定義

同族会社とは、創業家一族が株式を所有し、幹部までが一族で占められている会社のことです。
法人税法第2条10項においても、 3人以下の株主により、株式の50%超を保有されている会社と定義されています。

●法人税法第2条10項
同族会社 会社の株主等(その会社が自己の株式又は出資を有する場合のその会社を除く。)の三人以下並びにこれらと政令で定める特殊の関係のある個人及び法人がその会社の発行済株式又は出資(その会社が有する自己の株式又は出資を除く。)の総数又は総額の百分の五十を超える数又は金額の株式又は出資を有する場合その他政令で定める場合におけるその会社をいう。

同族会社の割合

同族会社の割合は、会社の規模が小さいほど多い傾向にあり資本金が100万円以下と1億円未満の割合は9割を超えます。全体でも約9.6割と高い傾向にあります。

資本金100億を超える大企業になるとさすがに5割を切りますが、それでも高い水準にはあるでしょう。
同族会社の割合
出典:平成27年度「会社標本調査」より作成

同族会社の特徴

同族会社はブラック企業になりがち?その特徴や定義は!?

無能でも同族ってだけで昇進してしまう

同族会社では無能でも同族ってだけで昇進してしまう
同族会社では、社長の息子や創業者の一族というだけで、いきなり若者が上司になったりするお手盛り人事が横行しています。それでも有能ならいいのですが、だいたいは仕事ができない無能な場合が多いです。

他でも通用する有能な社員にとっては無能な同族上司の下で働くことこそ苦痛なことはないでしょう、モチベーションはすぐ下がり、結果的には他に転職してしまうことが多いので会社の発展を考えるとかなりのマイナス要因です。

他でやっていくためのスキルが身につかない

同族会社は他でやっていくためのスキルが身につかない
同族企業は往々にして古い経営体質のところが多く、新しい経営手法や人材育成制度を取り入れようとしません。
ひとたび、経営の変革をしようとしたり、もしくは現場レベルでも新しい取り組みを考えたとしても、一族の必ずしも有能ではない上司がそれを取り入れて運用する能力がなかったり、そういった事なかれ主義に染まった他の社員達も変化することを求めなかったりとして、モチベーションアップやスキルアップを図れる風土が醸成されません。

その結果、スキルアップできずに他への転職もままらなくなり結局は同族企業に居続けることになるか、もしくは有能だったり、やる気のある社員はすぐに辞めてしまうでしょう。もちろん新規採用の面でもマイナス評価を受けてしまう可能性が高いです。

パワハラやイジメがまかりとおっている

パワハラやイジメがまかりとおっている
同族会社は、社長からしてワンマン気質なことが多く、その気質は幹部や先輩社員が同族の場合であっても同様で基本、同族以外の社員を見下している傾向にあります。よって自然とパワハラやイジメが起こりやすい環境にありますが、その当事者が同族の場合は当然制止する人はいません。

仮に上司や先輩の上にさらに経営幹部がいたとしてもその幹部が同族ではない場合には注意はできませんし、当然経営陣も同族なので逃げ場はありません。パワハラやイジメがあった場合の逃げ場は異動か退職ですが、移動しても結局同族である上司の部下になる可能性もあり、退職するしか道はないかもしれません。

同族ばかりが優遇される

同族ばかりが優遇される
経営陣や血縁関係にある同族は給与や福利厚生で優遇される傾向にあります。
例えば、たいした仕事をしていなくても給与は2倍以上だったり、社用車として好きな車を乗り回したり、住宅手当は血縁の同族だけだったりする他、生活態度なども遅刻や昼休みを多めにとったりしても咎められないなど優遇がされている傾向があります。

跡目争いが起こり経営が混乱しやすい

同族会社では、相続や親族間の確執などにより跡目争いが起こって経営が混乱することがあります。最近では大手の家具販売会社で経営をめぐる父と娘の後継者争いが起こり経営が混乱した事例がありました。

また、跡目争いによる派閥の争いにより有能な幹部社員が左遷されたり、主流から外れてしまうリスクもあります。
結果、経営陣の執行体制とと現場の業務の両方に影響が出て、結果業績についても落ち込んでしまうことでしょう。

最後に:同族会社は今すぐ辞めて転職しよう

同族企業は、スキルアップやキャリアアップを図り難い上、パワハラが横行して逃げ場がありません。そういったブラックな環境に居続けて、潰しが効かなくなり転職できなくなる前にスパッと辞めて自分の実力だけでどれだけ這い上がれるかを試してみましょう。

次こそはブラック企業を回避しよう!

ブラック企業を排除した転職活動は紹介予定派遣がオススメです。

紹介予定派遣の特徴 紹介予定派遣は6ヵ月契約社員や派遣社員として働きながら、会社の雰囲気を感じながらお互いに問題なければ正社員として登用される制度です。

紹介予定派遣に実績のあるDODA


■DODAの特徴
・非公開求人を含む10万件以上の求人からマッチした案件を紹介。
・直接オファーが届くスカウトサービスも有り。
・書類対策。面接対策・年収交渉もサポート。

DODAは大手の転職エージェントであり、紹介予定派遣にもかなりの実績があります。 大手だけあり、求人数も豊富でキャリアアドバイザーからの手厚いサポートも受けられます。
また、完全無料で利用できるのでまずは登録して相談してみるのもいいかもしれません。

DODAに登録する


ブラック企業を排除したおすすめの転職サービス

10万件の企業口コミ。キャリコネ

・3700万人以上の社員・元社員の口コミ情報があるのでブラック企業は一目瞭然!
・大手16社の求人情報、約20万件以上を一括検索!希望する転職サイトに同時登録も可能。
・面接の体験レポートなど求職者にとって価値の高い情報も手に入ります。

リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援【就職Shop】

・リクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職相談&求人紹介サービス
・人柄や意欲を評価する企業が集まっているので「書類選考なし」で面接に進める
・企業は100%取材しているのでブラック企業かどうかも簡単にわかる!
・登録者の4人に3人は正社員未経験

ブラック企業徹底排除のウズキャリ

・元既卒・第二新卒のキャリアカウンセラーが徹底サポート。
・求人についてもブラック企業を徹底排除しており、離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで厳しい基準を設置。
・そのため、既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上で、入社後の定着率93%以上。また、受けてる企業のブラック企業査定も可能です。

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

・学歴職歴不問で、ブラック企業を除外した優良企業のみを紹介する転職エージェント。
・1人あたり平均10時間のアドバイザーによるサポートや書類添削や面接対策が充実。
・入社日や条件の交渉も代わりに行ってくれるアフターフォロー体制もバッチリです。


当サイトの人気記事

20代の既卒フリーターや第2新卒の就活のコツとオススメ転職エージェント
既卒フリーターや第2新卒だと就活や転職で不利になったりしそうだし、いまいち自分に自信を持てなかったりするけど、こういう場合どうすれば?当記事の内容で、20代の既卒フリーターや第2新卒が就活のコツやオススメの転職エージェントをご紹介します。
サラリーマンの副業にブログがオススメな理由
サラリーマンで副業するならブログ運営が良いって友達に言われたけど、実際何が良いのだろう?当記事では、 サラリーマンの副業にブログがオススメな理由とブログに貼る広告はアドセンス広告型とアフィリエイト広告型実際どちらがよいのかの比較を通してブログ運営のメリットをお伝えします。
ホワイト企業へ転職したい人必見!ホワイト企業の10の特徴と定義
昨今、ブラック企業という存在が可視化されてきており、これが社会問題となっている現状ですが、そもそもこういったブラック企業に当たらないために、その対極の概念であるホワイト企業に入ることを目指さなくてはなりません。 今回は、そんなホワイト企業の定義や特徴、ホワイト企業に入社するための方法をご説明したいと思います。
ブラック企業の定義と特徴、入社してはいけないブラック企業のリスト一覧
ブラック企業には入りたくはないけど、ブラック企業ってそもそもどういう特徴があってどういう企業があるんだろう。当記事では、ブラック企業の定義と特徴や入社してはいけないブラック企業のリスト一覧を通してお答えします。

更新情報をFacebookで受け取る

社畜・ブラック企業批判
記事をシェアする
フィード購読をしたい人はこちらをフォロー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新記事をお届けします。

関連記事

まだ社畜で消耗してるの?