不動産業界に離職が多くブラックな会社が多い理由

こんばんわジョウです。

今回ご紹介するのは、不動産業界にブラックな会社が多い理由が多い理由です。
今でさえブラック企業に対する監視が強まり、あまりにもブラック度合いが酷い場合にはテレビで報道されたり、Twitterで炎上したりする時代になりました。

そういったある意味セーフティネットがあるせいで表立って酷いことをする企業は少なくなってきているかもしれません。

しかし、私が新卒で就職した当時はまだインターネットもあまり発達しておらず特に一番最初に入社した不動産会社はブラックそのものでした。

不動産会社に入ったきっかけ

大学はそこそこ良い私立大学に行っておりましたが、当時はクラブ全盛期、夜遊び含めて遊び呆けていました。
情けない話ですが、大学生活を続けてモラトリアムを楽しみたかったので、単位を全て取ったにもかかわらず新卒で就職せずに希望留年して短期留学とか夜遊びとか色々してました。

まあ、それなりに意識は高かったのですが、いわゆる中途半端な大学生活だったかもしれません。
転機としては、在学中にノリで勉強して宅地取引主任者(現在の)に受かってしまったので、自分は不動産業界が向いてると思い込んでしまったわけなんですけどね。

ということで、私のブラック体験談もまじえて不動産会社がブラックである理由をご紹介したいと思います。

飛び込み営業がある

不動産会社では飛び込み営業がある場合があります。しかし、ほとんどのケースで相手されないことが多く、実際に契約を取れる営業先を見つけるというのは、宝探しを行うようなものです。高度成長期の景気が良いときの日本ならば、大きなお金が動く不動産売買に関心を持つ人もたしかにいました。また、そのときはインターネットもない時代であり、相手を完全なる素人として扱うことができたのです。

しかし、現代は少しでも怪しいと思われた場合に、検索をかければ様々な情報が出てきます。言葉巧みに営業をかけたとしても、だまされにくいというのが現状なのです。また、一度失敗をしてしまうとその情報がネットにあがってしまいます。対面の印象が悪くなかったとしても、用心深い相手はすぐに情報を取り寄せ、判断をすることでしょう。そうすると次からそもそものアポイントが取れないという、根本的なところからつまづくことになります。これが不動産営業がほぼ売れないと言われる理由です。

ノルマ未達で詰められる文化

不動産業界はパワハラもまかり通っているケースが多いです。もちろんパワハラは良くないことです。しかし、裏側を知れば知るほど上司による脅しなどが起きてしまう理由も分からないわけではありません。不動産というのは高額な商品が動く世界です。たとえば、これから外に出ておにぎり1個を売るのと、土地を1つ売るのと、どちらが簡単でしょうか。当然、おにぎり1個の方が売りやすいはずです。利益としては土地が売れた方が遥かに大きいわけですが、営業実績に反映される数値で考えた場合の印象が問題なのです。

おにぎりの営業マンは1日に何個も売れます。しかし、不動産の方はいつまでも達成率が伸びません。これが、仕事のできない人間という錯覚を生み、上層部による人格否定やガン詰めのような、ひどいブラック体質が残ってしまうわけです。パワハラを受けた方も、頑張っている証拠をなかなか挙げられないので泣き寝入りになってしまうことが多いです。

顧客の利益よりも会社の利益を優先

不動産業界は、たしかに実績を残せる人物であれば高収入を期待できる場合もあります。しかし、本来仕事の喜びというのは自分自身や会社のサービスが誰かの役に立ってこそ、その対価としてもらえるものです。互いが喜びに包まれる中で仕事をして、人生を豊かなものにできるというのが、幸せの定義のひとつでしょう。しかし、不動産業界はそういう人としての心を捨てて、仕事をしなければならない場合があります。

契約を取らなければ利益はでないので会社は潰れてしまいます。しかも、扱う商材は不動産という、非常に売りにくいものです。背に腹は代えられないということで、釣り案件などをたくさん用意し、手数料が大きい商品などをあの手この手で巧みに契約へと誘導します。顧客のことよりも会社の利益を優先するため、不完全なアフターフォローやずさんな物件の調査が当たり前のように行われているのです。ゴミ物件などを扱うこともあり、心身ともに人間らしさを失っていく可能性があります。

営業成績が悪いと生活に困窮する

不動産業界がどんなに厳しい時代かというのは、ここまで説明してきた通りです。そのような中で、会社はどのような人物を採用しようとするでしょうか。当然のことながら、完全実力主義の世界になるわけです。それは給与形態に反映されます。不動産会社は固定給というのが多くの場合、低く設定されています。この狙いはとにかく実績を上げてもらおうというところにあります。よって、その分成果給の方はある程度気前よく設定されています。ただ、もしも長く売れなかった場合はどうなるでしょうか。

契約を取らなければと焦る中で、仕事は激務になっていきます。しかし、給料は上がりません。激務薄給の中で身を削りながら、仕事をしなければならないわけです。会社に申し訳ないという気持ちからサービス残業が増え、経費自腹なども当たり前になってきます。それだけ頑張ったとしても、過程は評価されません。営業成績が残せないままなら、生活に困窮する中でさえ最後はクビという可能性もあるわけです。

長時間労働で休みがない

拘束時間が長いというのも、不動産業界の特徴です。不動産の話をしようとやってくる相手側も、当然仕事をしている場合がほとんどです。つまり、一般的な会社のサラリーマンたちが仕事を終えたあとの時間帯が勝負という一面も持っています。そうなると、当然定時以降も仕事をすることになりますし、土日も休むことはできません。

多額のお金が動く商談などに関わった場合は、接待なども必要になってきます。1000円程度の商品の売買であれば、対等な立場で話ができます。しかし、相手が1000万円を払おうとするような商談だった場合どうでしょうか。突然の呼び出しなどにも、対応しないわけにはいかないはずです。夜中まで仕事をして、ほぼ眠れずに次の日の朝礼では、上司たちによる脅しなどが始まります。こうして心身ともに病んでいき、取り返しのつかない事になってしまうケースが多いのです。

転職サイトの求人情報がほとんどウソ

転職サイトに書かれている不動産会社の求人情報は、ほとんどウソと思っていたほうが良いかもしれません。たとえば「ノルマなし」の表記があったとします。しかし、そんなことがありえるでしょうか。ビジネスにおいて「ノルマなし」が成り立つのは、放っておいてもお客の方から購入に来てくれるような、商品を持っている場合のみです。厳しい不動産業界でそんなことはありえないわけです。

また、成長があり感動があるというような文言にも注意が必要です。それは、どんな仕事についたとしても経験という意味では成長できますし、感動というのは会社が用意することではなく、働く本人が感じることです。よく「アットホーム」な職場という表記もありますが、熾烈な奪い合いの業界の中でそんな余裕はないでしょう。給与においても「未経験でも年収1000万円」のような表記がありますが、成果給という意味で表記して良いのであれば、ただの「可能性」なのでいくらでも書けるわけです。

違法行為を平気でする

最後に、違法行為についてもしっかりと実態を把握しておかなければなりません。広告活動のために、チラシの投函が禁止されているところへのポスティングを強要されることもあります。許可を得ていない捨て看板の設置であったりも、会社によっては日常茶飯事です。また営業においては押し売りであったり、恐喝をしてでも営業を取って来いと言われることも珍しくありません。

問題はこれらの違法行為において、トラブルが発生した場合、会社は社員を一切守らないという点です。また、訴えられたり捕まったりした場合でも、当然会社に責任を転嫁することはできません。会社の中で苦しみを味わうだけでなく、自分自身の人生をも崩壊させてしまうかもしれないのです。違法行為を拒否するために、会社を休むと罰金を取るというところもあります。がんじがらめにして、社員を社畜にしていくのです。もちろん、すべての会社がそうではありませんが、少しでもおかしいと感じたならば退職や転職を考える方が賢明でしょう。

【不動産会社の闇】投資用マンション営業の実態と退職への筋書き!【ブラック企業体験談】
初入社は、電話営業がメインの投資用マンションを扱う不動産会社です。そこではネットでしか見たことのないまさにオラオラで現場を仕切るツーブロックゴリラがいたのでした・・・彼はノルマ未達の部下を呼び出しては詰める事で自身のストレス解消をする様な、いわゆるパワハラ上司でした・・・

ブラック企業を排除したおすすめの転職サービス

10万件の企業口コミ。キャリコネ

・3700万人以上の社員・元社員の口コミ情報があるのでブラック企業は一目瞭然!
・大手16社の求人情報、約20万件以上を一括検索!希望する転職サイトに同時登録も可能。
・面接の体験レポートなど求職者にとって価値の高い情報も手に入ります。

リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援【就職Shop】

・リクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職相談&求人紹介サービス
・人柄や意欲を評価する企業が集まっているので「書類選考なし」で面接に進める
・企業は100%取材しているのでブラック企業かどうかも簡単にわかる!
・登録者の4人に3人は正社員未経験

ブラック企業徹底排除のウズキャリ

・元既卒・第二新卒のキャリアカウンセラーが徹底サポート。
・求人についてもブラック企業を徹底排除しており、離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで厳しい基準を設置。
・そのため、既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上で、入社後の定着率93%以上。また、受けてる企業のブラック企業査定も可能です。

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

・学歴職歴不問で、ブラック企業を除外した優良企業のみを紹介する転職エージェント。
・1人あたり平均10時間のアドバイザーによるサポートや書類添削や面接対策が充実。
・入社日や条件の交渉も代わりに行ってくれるアフターフォロー体制もバッチリです。


当サイトの人気記事

サラリーマンの副業にブログがオススメな理由
サラリーマンで副業するならブログ運営が良いって友達に言われたけど、実際何が良いのだろう?当記事では、 サラリーマンの副業にブログがオススメな理由とブログに貼る広告はアドセンス広告型とアフィリエイト広告型実際どちらがよいのかの比較を通してブログ運営のメリットをお伝えします。
ホワイト企業へ転職したい人必見!ホワイト企業の10の特徴と定義
昨今、ブラック企業という存在が可視化されてきており、これが社会問題となっている現状ですが、そもそもこういったブラック企業に当たらないために、その対極の概念であるホワイト企業に入ることを目指さなくてはなりません。 今回は、そんなホワイト企業の定義や特徴、ホワイト企業に入社するための方法をご説明したいと思います。
ブラック企業の定義と特徴、入社してはいけないブラック企業のリスト一覧
ブラック企業には入りたくはないけど、ブラック企業ってそもそもどういう特徴があってどういう企業があるんだろう。当記事では、ブラック企業の定義と特徴や入社してはいけないブラック企業のリスト一覧を通してお答えします。

更新情報をFacebookで受け取る

社畜・ブラック企業批判
記事をシェアする
フィード購読をしたい人はこちらをフォロー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新記事をお届けします。

関連記事

まだ社畜で消耗してるの?