【前にも言ったよね】部下にやる気をなくさせ鬱にする言葉【ブラック上司】

部下をうつ病にできる魔法の呪文というタイトルで投稿をされたTwitterの投稿が話題になっています。以下の言葉に心当たりのある人も結構いるのではないでしょうか。

部下をうつ病にできる魔法の呪文

昭和の時代は上位下逹がまかりとおって、上司の命令は絶対という雰囲気がありましたが、今はどちらかというと上司自身も常にその指示やマネージメントが適切かどうかが問われる時代ではないでしょうか。

しかも、上司の判断が100%正しいなんてそもそもいえないと思います。そして価値観も違うのですから当然仕事のやり方も違うはずなので、思ったものと違うことがあるのが当然、むしろ上司の側が仕事をやりやすいように助言しながら指示をするのが当たり前だと思われます。

やる気ある?

やる気なかったら毎日出社してませんよね。未熟ながらも日々出社して頑張っている部下にかける言葉ではないと思います。

仮に、実際にヤル気が出ない社員がいたとしてら、ヤル気がでるように創意工夫してマネージメントするのも上司の役目だと思われます。

この場合は、やる気が出ない要因をヒアリングするであるとか、日常の頑張りを褒めてやる気を引き出すべきではないでしょうか。

なんでこんなこともできないの?

それは上司よりも経験が浅いから部下なのであって、できないことがある場合もあるでしょう。
しかし、部下ができるように今まで教育してこれなかったのは上司の責任でもあるのではないでしょうか。

この場合は、どうして部下ができるように指導できなかったかを上司自身が自問自答するべきです。

何度も同じことを言わせるな

課題を与えられたけど、何やっていいかわからない時など上司に再度指示を仰いでしまうこともあるでしょう。そんな時に、この対応をされると確実に部下は萎縮して今後上司に助言を求めにくくなり余計に仕事の成果物のクオリティが下がる可能性があります。

それに、そもそも上司の指示が曖昧だったり、的確じゃなかった可能性もあります。上司も上司で自分の指示について問題がなかったか省みる必要があると思われます。

こういう時は、「ごめん、指示の仕方がわかりにくかったかもしれない。」という風に改めてわかりやすく指導してあげるべきです。

ちゃんと考えた?

上司から部下が課題を与えられた場合は、必死に考えます。必死に考えた結果だした成果物なのに、こんなふうに言われるとまず自信をなくしてしまいます。

こういう時は、「この考え方もわかるけどこうしたほうがいいよ」のような形で一定の理解を示しながらも、正しいやり方を教えるべきです。

真面目にやってる?

厳しい入社試験を通ってきたこともあり、基本は生真面目な人が多いのが日本の新入社員です。
真面目にやっていないわけはないです。

そもそも上司側も不真面目な社員とは思っていないでしょう。それにも関わらずこの言葉を発してしまう上司自身のコミュニケーションセンスを疑いますし、むしろ上司側に上下関係における奢りがあるのではないでしょうか。

この場合は、まずは上司自身が謙虚になるところからはじめましょう。

【前にも言ったよね】部下にやる気をなくさせうつにすブラック上司の特徴

前にも言ったよね?

確かに一度指示したことを再度指示しなければならない時にはイラっとすることもあるでしょう。

しかし、中には記憶力がいい人ばかりではないですし、上司から特に覚えておけと言われない限りは覚えて
ないこともありうるのではないでしょうか。

この場合は、3度目がないようにTO DOリストや備忘録などに記載して覚えるように指示しましょう。

そんなこと常識でしょ?

そもそも常識とはなんでしょうか。人によって常識とは違うものであり自分の常識を相手に押し付けることはあってはなりません。

自分の中ではこうだと思ってることって、意外と他人はそう思っていないものです。

もちろん部下の常識だと思っていたことが会社やビジネス上は間違っていたのであれば、それは適切に教えてあげなければなりませんが、それ以上でもそれ以下でもないと思われます。

自分勝手にやるな→自分で考えてやれ!

これ最も上司が部下の関係で起こりそうなパターンではないでしょうか。

よく一般社員でもオーナーシップをもって仕事に臨めとか上司や会社は言いますが、いざ裁量をきかせてやると、それは指示してないとか稟議を通してないとか途端に言います。

そういったダブルスタンダードがまかり通ると、部下はどうしていいかわからなくなりますし、そもそもヤル気をなくしてしまいます。

指示通りやらせる方針ならそれを貫き通す、裁量権を与えるのであれば口出ししないようにするべきです。

言い訳はいいからやって

単に仕事量が多くて大変だからできない理由を言っている場合もあるとは思いますが、そもそも部下の日々の業務量を正確に把握している上司が何人いるでしょうか。

だいたいは、上層部からきた仕事を部下をにぶん投げてるだけなので、結果、部下の仕事量が増えてパンクしてしまうのです、もしくは、そもそも上司ですら解決できなそうな仕事を与えてる可能すらあります。

そもそも解決できる課題なのかを見極めつつ、業務効率化適切な業務配分を行って、部下の負担になってないか考えながら仕事を振るべきです。

まとめ:上司は自分が間違ってないか省みるべき

上司と部下という関係がある以上、部下は言い返すことはできないでしょう、それを知っていながら上記のような言葉を投げかけるのは自分自身の資質に問題がある可能性が高いです。

上司側はブラック上司になる前に自分のことを省みたほうがいいですし、部下の側も上司が反省することがなければとっとと異動するなり転職を考えた方がいいでしょう。

部下を復活させる回復の呪文

なお、部下を復活させる回復の呪文は下記の通りです。

もし、「部下をうつ病にできる魔法の呪文」を唱えてしまった時は、この回復の呪文でフォローしてあげてくださいね。

ブラック企業を排除したおすすめの転職サービス

10万件の企業口コミ。キャリコネ

・3700万人以上の社員・元社員の口コミ情報があるのでブラック企業は一目瞭然!
・大手16社の求人情報、約20万件以上を一括検索!希望する転職サイトに同時登録も可能。
・面接の体験レポートなど求職者にとって価値の高い情報も手に入ります。

リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援【就職Shop】

・リクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職相談&求人紹介サービス
・人柄や意欲を評価する企業が集まっているので「書類選考なし」で面接に進める
・企業は100%取材しているのでブラック企業かどうかも簡単にわかる!
・登録者の4人に3人は正社員未経験

ブラック企業徹底排除のウズキャリ

・元既卒・第二新卒のキャリアカウンセラーが徹底サポート。
・求人についてもブラック企業を徹底排除しており、離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで厳しい基準を設置。
・そのため、既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上で、入社後の定着率93%以上。また、受けてる企業のブラック企業査定も可能です。

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

・学歴職歴不問で、ブラック企業を除外した優良企業のみを紹介する転職エージェント。
・1人あたり平均10時間のアドバイザーによるサポートや書類添削や面接対策が充実。
・入社日や条件の交渉も代わりに行ってくれるアフターフォロー体制もバッチリです。


当サイトの人気記事

サラリーマンの副業にブログがオススメな理由
サラリーマンで副業するならブログ運営が良いって友達に言われたけど、実際何が良いのだろう?当記事では、 サラリーマンの副業にブログがオススメな理由とブログに貼る広告はアドセンス広告型とアフィリエイト広告型実際どちらがよいのかの比較を通してブログ運営のメリットをお伝えします。
ホワイト企業へ転職したい人必見!ホワイト企業の10の特徴と定義
昨今、ブラック企業という存在が可視化されてきており、これが社会問題となっている現状ですが、そもそもこういったブラック企業に当たらないために、その対極の概念であるホワイト企業に入ることを目指さなくてはなりません。 今回は、そんなホワイト企業の定義や特徴、ホワイト企業に入社するための方法をご説明したいと思います。
ブラック企業の定義と特徴、入社してはいけないブラック企業のリスト一覧
世の中には社員に対して、人間と思えないような扱いをする会社があります。それが「ブラック企業」です。そんなブラック企業に入社してしまったら大変です。 ですから出来るだけ速く転職した方が身のためです。ではそのブラック企業とは、具体的にはどのような会社のことを指すのでしょうか。

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪

社畜・ブラック企業
記事をシェアする
フィード購読をしたい人はこちらをフォロー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新記事をお届けします。

関連記事

まだ社畜で消耗してるの?