【ブラック企業体験談】アパレル販売員の実態と辞めるまでの話

この記事では、ネットで募集したブラック企業体験談を執筆者の合意のもとで掲載しています。 こういった体験談を知ることで、少しでもブラック企業から抜け出せる勇気を持ってもらえればと思っています。
20代/女性/アパレル企業販売職(当時)

アパレル業界と聞くと、おしゃれで華やかな印象を持っている人が多いのではないでしょうか。年齢に関係なく、洋服は必需品です。そのため、他の業界に比べると売り上げ率は伸びていますが、現実的には、そう甘くありません。その理由としては、業界内で勝ち負けの差が出るからです。

人気のアパレル企業はどんどんと売り上げを伸ばしどんどん成長している一方、人気がなければ売り上げは全く伸びずマイナスの道をたどるばかりになってしまうのです。こういう現状のため、企業によっては厳しい現実であるといえます。

とにかく必死!!がむしゃらに働いた1年!

私は、服のデザインがしたいという希望を伝え入社しました。デザインをする職につく前に、客層やお客様がどういったものを求めているかなど、店のことを知る必要があるということで販売員をしなければなりませんでした。正直、私の希望とは全く違う職種であったため、納得いかない部分もあったのですが、将来自分の夢をかなえる為にも頑張ろうと思いました。

実際勤務してみると、とにかく労働時間が長く驚きました。朝は開店前に、お客様を迎える為の準備をしに早く出勤しなければなりません。また閉店後は、在庫管理やディスプレイーを変更したり、店舗の装飾など、お客様がいなくなってからしなければいけない煩雑な業務がとにかく多かったです。

企業により異なると思いますが、私の就職先は「働きやすい職場作りを」がモットーだったので、残業をなくすような指示がありました。店舗毎に評価がつけられることもあり、サービス残業として煩雑な業務をすることが多かったです。

休みに関しても、サービス業なので土日はもちろんのこと、ゴールデンウィークや正月休みなど、世間一般では長期休みの時でも必ず出勤をしなければならず、とても大変でした。販売員は売り上げを上げる為に必死で働いているにもかかわらず、本社勤務の人達は残業もなく、休みも週休2日ありうらやましいと感じていました。まだその時は入社して1年程で、頑張れば必ず希望の職種につけると思い必死で働いていました。

不満が出てきた2年目?!

必死に働いた1年目でしたが、働いた割に給料が低いと常に感じていました。日に日に残業も多くなるのに、サービス残業でなければいけなかったので給料は上がらないのが現状です。また、このあたりから人間関係に悩まされるようにもなりました。入社して1年たつと、ノルマをあたえられるようになります。

ノルマを達成すればするほど、給料アップにもつながり、会社からの評価も高くなります。しかし、ノルマ達成の為に頑張ろうとお客様に声をかけ販売するのですが、ベテランの人達よりも多くの件数をとると、嫌な顔をされたり、冷たくあたられるようなことがありました。それを気にしてノルマが達成できなければ、給料が少なくなったりとアパレル業界の大変さを感じるようになりました。

女性ばかりの職場ともあって、うまくかけひきしながら働かないといけないことが多くしんどいと感じるようになりました。だからといって、悪い人ばかりではなかったですよ。ちゃんとフォローしてくれたり、落ち込んでいると優しく声をかけてくれる人もいました。そんな人達がいたから2年目も、なんとか頑張れたのだと思います。

決意した5年目!!

さまざまな出来事を乗り越えながら、将来服のデザインがしたいという強い思いを持ち続け、その為の勉強だと自分にいい聞かせながら販売員として5年間一生懸命働いてきました。最終的には販売員としてある程度、結果を残すことも出来、店長という立場をさせてもらうことも出来ました。

自分の店が、県内で売り上げトップになり表彰されたこともありました。しかし、異動させてもらうことはなく、販売員としての評価が上がるばかりで、将来性がないと思い辞めることを決意しました。自分がデザインした服が店に並び、それをお客様が購入して、着ている姿が見たいという夢は、この企業ではかなわないと強く感じました。

私も入社するまでは、アパレル業界はとても華やかで楽しそうなイメージを持っていました。しかし、アパレル業界という世界に足を踏み入れてみると、煩雑な業務がとにかく多く、お客様がいなくなってからサービス残業しなければいけないこと、売り上げを上げる為にノルマがあること、女性の多い職場ということもあって人間関係に悩まされたこと、休みが少なく、労働時間も長いのに給料が低いことなど、想像とは全く違いました。

きっと、アパレル業界全ての企業がそういった現実ではないということも分かっています。しかし、アパレル業界の現状をお話ししたように、どんどんと成長し続けている良い企業もあれば、そうでなく低迷しつづけいる企業もあり差があることを考えれば、当たりハズレのある業界なのかもしれないと思いました。まだデザイナーとしての夢はあきらめていません。アパレル業界のことをいろいろと知ることが出来たので、次こそは良い企業に就職してデザイナーとして仕事が出来ればと思っています。

次こそはブラック企業を回避しよう!

ブラック企業を排除した転職活動は紹介予定派遣がオススメです。

紹介予定派遣の特徴 紹介予定派遣は6ヵ月契約社員や派遣社員として働きながら、会社の雰囲気を感じながらお互いに問題なければ正社員として登用される制度です。

紹介予定派遣に実績のあるDODA


■DODAの特徴
・非公開求人を含む10万件以上の求人からマッチした案件を紹介。
・直接オファーが届くスカウトサービスも有り。
・書類対策。面接対策・年収交渉もサポート。

DODAは大手の転職エージェントであり、紹介予定派遣にもかなりの実績があります。 大手だけあり、求人数も豊富でキャリアアドバイザーからの手厚いサポートも受けられます。
また、完全無料で利用できるのでまずは登録して相談してみるのもいいかもしれません。

DODAに登録する


優良・大手企業を目指したい人向けのオススメ転職エージェント

【非公開求人数業界トップクラス】リクルートエージェント

1.キャリアアドバイザーが、面談の中で求職者の気づいていない強味を発見
2.過去の多数の事例から、多数の非公開求人の中から最適な求人を紹介
3.職務経歴書や面接のアドバイスだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にキュ食者の強みや魅力をアピール

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

・履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など転職初めてでも安心
・スキルや経験だけでなく社風と合うかを判断して転職先を提案してもらえる
・求人の質が他エージェントよりも高く独自の求人もある

マイナビエージェント

・関東エリアの優良企業の求人が豊富
・人事&採用担当との太いパイプがあり20~30代に転職サポートに強い!
・応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポートが受けられる

年収2000万円以上の求人特集/ビズリーチ

・管理職・グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイト
・採用企業社数6,700社以上、ヘッドハンター1,700名以上で国内最大級
・国内外の優良・成長企業が職務経歴書を見て直接スカウト!

10万件の企業口コミ。キャリコネ

・3700万人以上の社員・元社員の口コミ情報があるのでブラック企業は一目瞭然!
・大手16社の求人情報、約20万件以上を一括検索!希望する転職サイトに同時登録も可能。
・面接の体験レポートなど求職者にとって価値の高い情報も手に入ります。


当サイトの人気記事

20代の既卒フリーターや第2新卒の就活のコツとオススメ転職エージェント
既卒フリーターや第2新卒だと就活や転職で不利になったりしそうだし、いまいち自分に自信を持てなかったりするけど、こういう場合どうすれば?当記事の内容で、20代の既卒フリーターや第2新卒が就活のコツやオススメの転職エージェントをご紹介します。
サラリーマンの副業にブログがオススメな理由
サラリーマンで副業するならブログ運営が良いって友達に言われたけど、実際何が良いのだろう?当記事では、 サラリーマンの副業にブログがオススメな理由とブログに貼る広告はアドセンス広告型とアフィリエイト広告型実際どちらがよいのかの比較を通してブログ運営のメリットをお伝えします。
ホワイト企業へ転職したい人必見!ホワイト企業の10の特徴と定義
昨今、ブラック企業という存在が可視化されてきており、これが社会問題となっている現状ですが、そもそもこういったブラック企業に当たらないために、その対極の概念であるホワイト企業に入ることを目指さなくてはなりません。 今回は、そんなホワイト企業の定義や特徴、ホワイト企業に入社するための方法をご説明したいと思います。
ブラック企業の定義と特徴、入社してはいけないブラック企業のリスト一覧
ブラック企業には入りたくはないけど、ブラック企業ってそもそもどういう特徴があってどういう企業があるんだろう。当記事では、ブラック企業の定義と特徴や入社してはいけないブラック企業のリスト一覧を通してお答えします。

更新情報をFacebookで受け取る

企業体験談
記事をシェアする
フィード購読をしたい人はこちらをフォロー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新記事をお届けします。

関連記事

まだ社畜で消耗してるの?