【社畜あるある】当てはまったら注意した方が良い社畜の特徴【洗脳】

こんにちわジョウです。

近年では社畜という言葉を耳にすることが多くなっていますが、それは会社の言いなりになって働いている社員を揶揄した言葉です。

会社の言いなりになって働いている社員のエピソード

ブラック企業で働いている人たちの中には、自分では気付かないうちにそのような状態になってしまっている人が少なくないこともあって、その存在は大きな問題になっています。

ブラック企業で気づかないうちに社畜になってるエピソード

この記事では、当てはまっていると感じたら注意した方が良いと思う社畜の特徴、言うなれば社畜あるあるを紹介します。

社畜の一般的な特徴

思考停止に陥っている

社畜の特徴としてまず挙げられるのは、洗脳され、自分の頭で物事を考えられなくなっている、つまり思考停止に陥ってしまっていることです。ブラック企業のような劣悪な労働環境で働いていると、例えば長時間の残業を強いられたり、休日でも出勤させられたりといったことが日常的になってしまうことがあります。

本来ならそういった状況は、すぐにでも逃げ出したくなるほど辛いものであるはずなのですが、社畜になった人はそのような生活を異常だと思うことさえなくなっています。

気づいたら社畜状態に慣れてしまっているエピソード

そのような働き方には問題があるという風に考えずに、会社に言われるままに働き続けることが当たり前のようになってしまっているのです。

そのため、ブラック企業を辞めて新しい職場に転職しようなどといった対策を思いつくこともないまま、心身をすり減らし続けてしまう恐れがあります。

自己陶酔してしまっている

次に挙げる社畜の特徴は、自己陶酔してしまっていることです。そのような状態になっている人は、昨日も深夜まで働いていた、仕事が忙しくてここのところ全く寝ていない、休日があったのがいつかも覚えていないといったことを自慢気に語ります。

人によっては自慢ではなく文句を言っているように見えることもあるのですが、実際は会社のためにとても忙しく働いている自分という存在に対して、大きな陶酔感を感じています。

会社に洗脳されて陶酔感を感じているエピソード

普通の感覚を持っている人にとっては、そのような生活を強いられることは不満以外の何物でもなく、その仕事を辞めたいと思うような重大な問題となるでしょう。

しかし社畜と呼ばれるような人たちは、そういった働き方をさせられるのは自分が会社に必要とされているからだと、まるで誇らしいことのように感じてしまっているのです。

指示待ち人間になっている

指示待ち人間になっていることも、社畜によく見られる特徴です。そのような人たちは、上司の指示がなければ何もすることができず、また無理難題を押し付けられても、不満を漏らすことなく素直に従ってしまいます。

上司の指示待ち人間になってしまっているエピソード

そのような状態に陥ってしまう原因の一つは、ブラック企業によく見られるダブルバインドというパワハラの一種です。上司にこの仕事はどのようにすれば良いかを尋ねると、それくらい自分で考えろと怒られ、だからと言って自分で考えて行動したら、指示もないのに勝手なことをするなと怒られるのです。

【前にも言ったよね】部下にやる気をなくさせ鬱にする言葉【ブラック上司】
部下をうつ病にできる魔法の呪文というタイトルで投稿をされたTwitterの投稿が話題になっています。以下の言葉に心当たりのある人も結構いるのではないでしょうか。

そのような状況では自分から動くのが怖くなってしまい、上司から指示が出されなければ動けなくなってしまうのも無理がないと思います。

それによって、指示さえあればまるで奴隷のように働く、ブラック企業にとって大変都合の良い人間になってしまっているのです。

謝り癖が付いている

ある人が社畜かどうかを見分けやすい特徴の一つが、謝り癖が付いてしまっていることです。事あるごとにすいません、ごめんなさい、申し訳ありませんなどといったような謝罪の言葉を口にするのです。

自分が何か悪くことをしてしまった時に謝るのは当然のことですが、謝り癖が付いている人は別に悪くもないのに、口癖のようにすぐ謝ってしまいます。そのような人は自分に自信が持てなくて、自分は責められて当然の人間であるかのように思っているのかもしれません。

謝り癖が付いて自分に自信がなくなるエピソード

ブラック企業にありがちな、上司からの度を越した叱責によって精神的に追い詰められた結果、謝り癖が付いてしまうこともよくあります。

そのように謝り癖が付いてしまっている人は、遅くまで残業させられるのも、休日を返上して働くのも自分の仕事が遅いせいだといったように簡単に納得するので、ブラック企業にとって利用しやすい人間だと思われます。

無趣味になる

仕事とは直接関係がないことのように思われるかも知れませんが、無趣味になることも社畜の特徴の一つです。趣味を楽しむためにはある程度の時間的な余裕が必要となりますが、残業が多くて家に帰ってもすぐに寝るような生活が続いたり、休みの日も出勤させられたりしていると、趣味を楽しむ時間が取れなくなります。

朝家を出て会社に帰る仕事が終わると家に行く社畜

また、会社で馬車馬のようにこき使われたり、上司からパワハラと言えるようなひどい叱責を受け続けたりして心身ともに疲弊してしまったら、趣味を楽しもうと思えるような元気が失われるのも当然のことだと言えるでしょう。

ブラック企業に勤めて趣味を楽しむ気力すらなくなる話

そのような理由で無趣味になってしまった人は、仕事だけが生きがいのように感じられて、社畜の道をひた走ってしまう恐れがあります。

社畜あるあるが展示された社畜ミュージアム

お手上げスライダー

終わらない仕事に絶望し、ウォータースライダー状に石化してしまった社畜社員。
社畜ミュージアムのお手上げスライダー

戦慄のミッドナイトコール

深夜にクライアントからの電話が鳴り止まず、絶叫する若手社員
社畜ミュージアムの戦慄のミッドナイトコール

進捗モンスター

暇そうな上司から「進捗どう?」と毎日詰められ、爆発寸前の社畜社員。
社畜ミュージアムの進捗モンスター

寝てない自慢大会

「昨日3時間しか寝てないわー」「オレなんて2時間だし」など睡眠時間を競い合う
社畜ミュージアムの寝てない自慢大会

はじめまして、ごめんなさい

前任者の業務を引つ継ぎ、何も分からぬ状態で、謝罪に行かされる新入社員。
社畜ミュージアムのはじめましてごめんなさい

居残り部長

上司が深夜まで帰宅しないため、会社から脱出できない部下たち。
社畜ミュージアムの居残り部長

月曜襲来

連休が終わり、現実を受け入れられないまま、玄関で絶望するサラリーマン
社畜ミュージアムの月曜襲来

社畜ミュージアムの動画

社畜ミュージアム

アニメタイトルで表現する社畜あるある

アニメタイトルで表現する社畜あるある

アニメタイトルで表現する社畜あるある

最後に:社畜の特徴に当てはまる人はその会社からの脱出を検討した方が良い

ここまでに紹介して来た社畜の特徴に当てはまる人は、周囲からは異様に見えていても、本人は普通のことのように思い込んでいる場合が少なくありません。

そのため、もしもそれらの特徴が自分に当てはまっていると思ったら、いつの間にか社畜になってしまっているのではないかと考えてみることが肝心です。

それによって自分が社畜であると気付いたら、そのように仕立て上げた会社からの脱出を検討した方が良いと思います。

ブラック企業を排除したおすすめの転職サービス

10万件の企業口コミ。キャリコネ

・3700万人以上の社員・元社員の口コミ情報があるのでブラック企業は一目瞭然!
・大手16社の求人情報、約20万件以上を一括検索!希望する転職サイトに同時登録も可能。
・面接の体験レポートなど求職者にとって価値の高い情報も手に入ります。

リクルートが運営|フリーター、既卒、第二新卒に強い就職支援【就職Shop】

・リクルートが運営する既卒・フリーター向けの就職相談&求人紹介サービス
・人柄や意欲を評価する企業が集まっているので「書類選考なし」で面接に進める
・企業は100%取材しているのでブラック企業かどうかも簡単にわかる!
・登録者の4人に3人は正社員未経験

ブラック企業徹底排除のウズキャリ

・元既卒・第二新卒のキャリアカウンセラーが徹底サポート。
・求人についてもブラック企業を徹底排除しており、離職率/労働時間/社会保険の有無/雇用形態などで厳しい基準を設置。
・そのため、既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上で、入社後の定着率93%以上。また、受けてる企業のブラック企業査定も可能です。

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

・学歴職歴不問で、ブラック企業を除外した優良企業のみを紹介する転職エージェント。
・1人あたり平均10時間のアドバイザーによるサポートや書類添削や面接対策が充実。
・入社日や条件の交渉も代わりに行ってくれるアフターフォロー体制もバッチリです。


当サイトの人気記事

サラリーマンの副業にブログがオススメな理由
サラリーマンで副業するならブログ運営が良いって友達に言われたけど、実際何が良いのだろう?当記事では、 サラリーマンの副業にブログがオススメな理由とブログに貼る広告はアドセンス広告型とアフィリエイト広告型実際どちらがよいのかの比較を通してブログ運営のメリットをお伝えします。
ホワイト企業へ転職したい人必見!ホワイト企業の10の特徴と定義
昨今、ブラック企業という存在が可視化されてきており、これが社会問題となっている現状ですが、そもそもこういったブラック企業に当たらないために、その対極の概念であるホワイト企業に入ることを目指さなくてはなりません。 今回は、そんなホワイト企業の定義や特徴、ホワイト企業に入社するための方法をご説明したいと思います。
ブラック企業の定義と特徴、入社してはいけないブラック企業のリスト一覧
世の中には社員に対して、人間と思えないような扱いをする会社があります。それが「ブラック企業」です。そんなブラック企業に入社してしまったら大変です。 ですから出来るだけ速く転職した方が身のためです。ではそのブラック企業とは、具体的にはどのような会社のことを指すのでしょうか。

この記事が気に入ったら「いいね」してね♪

社畜・ブラック企業
記事をシェアする
フィード購読をしたい人はこちらをフォロー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新記事をお届けします。

関連記事

まだ社畜で消耗してるの?