「働きたくない」という人は、一度無職になったほうがいい理由

今の会社は自分に合っていない気がする・・・ブラックなわけじゃないけど、どうしても働きたくないって気持ちになってしまう・・・どうすればいいのかな?

当記事の内容

・働きたくないという人が無職になったほうがいい理由

「働きたくない」という人は、一度無職になったほうがいい理由

今の会社が自分に合っていないと感じたり、ブラックだったりするのであれば迷うことなく一旦「無職」になることをオススメします。
ここでいう「無職」とは単に仕事をせずに遊んでばかりいる「無職」ではありません。自分に適していることを見つけ、自己啓発を行い、将来それで成功の道を模索できるようにするための、まさに「戦略的無職」なのです。

本記事では、そんな戦略的無職になったほうが理由を述べていきます。

自分を見つめなおすことができる

「働きたくない」と思ったのなら、それは働きたくないと思った理由がどこかにあるはずです。

例えば、会社員であれば以下のようなことを考えるのではないでしょうか。

・ルーチンワークばかりで成長できない
・自分の収益にならない仕事をしたくない
・誰かに命令されたくない
・パワハラなど人間関係に耐えられない
・上司に詰められたくない

上記のことは会社員である限り、必ずどこかで直面する問題です。それであれば、起業するなりフリーランスの個人事業主として働く道も考えることになると思いますが、これもはっきり言えば適性がないとすぐに挫折してしまうことでしょう。

では、どうすればいいか。まずは「自分で稼ぐこと」をやってみればいいのです。
ブログでのアフィリエイトでも、せどりや転売でもなんでも構いません。とにかく「自分で稼ぐこと」をやってみて、本当にそれが自分に適性があるかどうかを確かめたほうがいいです。

特に、ブログでのアフィリエイトでよくあることなのですが、最初はモチベーション高く記事作成をするものの結局、しばらくしたら面倒になって辞めてしまうことが多々あります。これは「自分で稼ぐこと」に適性がないと言えます。こういった人にとっては命令されたことだけやってるほうが楽といえるかもしれません。そうだったとしたら、会社員に戻ればいいのです。自分にとってストレスなくお金が稼げる道が一番良いに決まってます。

ニートや無職になれば、以上のように、自分を見つめなおして向き不向きをじっくり考えて実践できる時間が多く取れるので、決して無駄では無いと思います。

色んな人に会いに行ける

会社員以外で成功するための近道として、その道の師匠をもつことを推奨します
特にオススメなのが、会社員を辞めた後にフリーランスや起業して成功を収めてる人と知己を得て師匠になってもらうことですが、こういった人たちは成功するための近道を知っており本当に色々考えて勉強になることばかりです。

そんな人脈無いよって思うかもしれませんが、今は、TwitterなどのSNSなどでいくらで接触する機会はあるはずです。また、その人が開いているセミナーやイベントなどに参加するのも手です。こういったことを明るい時間にできるのもニートや無職の特権です。せっか時間があるのですから積極的にアプローチしていきましょう。

もし、本当にコネも時間も全く無いというのであれば、YouTubeなどでいくらでも成功のためにノウハウが転がっています。例えば、「ネットで稼ぐ」などのワードで検索してみればいいでしょう。著者の私もについてはセミナーなどに行かずYouTubeで勉強しています。

資格取得や知識など将来に結びつくスキルを磨ける

自己啓発でスキルを磨くといっても会社員の時には、仕事が終わってからとなると帰宅して夕食を食べて、入浴とと考えると1〜2時間くらいしか勉強する時間が取れないと思いますが、無職になるとそういった時間はふんだんにあります。

私も昔、転職の狭間で三ヶ月間だけ無職をやったことがありますが、本当に暇だったので「証券外務員2種」と「簿記三級」の勉強を独学で資格取得できました。2つの資格とも難易度は高く無い資格でしたが、転職時の面接で無職期間に努力できたことが評価され結果、内定に結びついたことがありました。

別に、資格じゃなくてもいいのです。プログラミングの知識でもいいですし、美味しい紅茶の入れ方とかでもいいです。とにかく自分の将来のメシの種をみつけることができれば、戦略的に無職をやった甲斐があるというものです。

無職になると働きたくなる

無職になった経験がある方はわかると思うのですが、本当に働いている人がカッコよくみえます。そして逆に働いてないことで自分に自信をなくしたり将来の不透明さを感じて不安になったりすることでしょう。

そういったことが自分に何かやらなくちゃというモチベーションを与えてくれるはずです。それが、会社員に戻るのでもいいですし、起業したりフリーランスで個人事業主をやるでも、ブログでアフィリエイトをやるでもなんでもいいと思います。とにかく自分の中で方向性が決まることが一番大事なのです。

会社を辞めてみよう

以上のことを踏まえて無職になる決意ができたら、会社を辞めてみましょう。
しかしながら、ブラック企業に勤めている場合などには、上司が怖かったり、時間的余裕がなかったりと、面と向かって退職を申し出ることがなかなか難しい場合があるかもしれません。

そういった場合には退職代行サービスを使うことをオススメします。
退職代行サービスは、本人に成り代わって退職の意思を伝えてくれるサービスで、24時間サポートや返金保証などもついて安心して利用できるものです。

せっかく無職になって、自分が将来やるべきことの模索をしようとしているのに、そういう面倒なことに時間を取られていてはたまりません、さっさと外注してしまいましょう!

退職代行の業者は数多くありますが、退職代行「SARABA」業界最大手最安値なので、こちらの利用をお勧めします。詳細は下記をご覧ください。

退職代行「SARABA(サラバ)」の特徴や評判・口コミ体験談まとめ
ブラック企業を辞めたいけど、社長や上司が怖くて言い出せないでいるけど、どうすれば?当記事では、ブラック企業を辞める方法として最適な退職代行「SARABA」の特徴や強み、そして口コミや評判をご紹介したいと思います。

優良企業を目指したい人向けのオススメ転職エージェント

10万件の企業口コミ。キャリコネ

・3700万人以上の社員・元社員の口コミ情報があるのでブラック企業は一目瞭然!
・大手16社の求人情報、約20万件以上を一括検索!希望する転職サイトに同時登録も可能。
・面接の体験レポートなど求職者にとって価値の高い情報も手に入ります。

業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集

DODAの特徴 ・非公開求人を含む10万件以上の求人からマッチした案件を紹介
・直接オファーが届くスカウトサービスも有り
・書類対策。面接対策・年収交渉もサポート

【非公開求人数業界トップクラス】リクルートエージェント

1.キャリアアドバイザーが、面談の中で求職者の気づいていない強味を発見
2.過去の多数の事例から、多数の非公開求人の中から最適な求人を紹介
3.職務経歴書や面接のアドバイスだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にキュ食者の強みや魅力をアピール

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

・履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など転職初めてでも安心
・スキルや経験だけでなく社風と合うかを判断して転職先を提案してもらえる
・求人の質が他エージェントよりも高く独自の求人もある

マイナビエージェント

・関東エリアの優良企業の求人が豊富
・人事&採用担当との太いパイプがあり20~30代に転職サポートに強い!
・応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポートが受けられる


当サイトの人気記事

サラリーマンの副業にブログがオススメな理由
サラリーマンで副業するならブログ運営が良いって友達に言われたけど、実際何が良いのだろう?当記事では、 サラリーマンの副業にブログがオススメな理由とブログに貼る広告はアドセンス広告型とアフィリエイト広告型実際どちらがよいのかの比較を通してブログ運営のメリットをお伝えします。
ホワイト企業へ転職したい人必見!ホワイト企業の10の特徴と定義
昨今、ブラック企業という存在が可視化されてきており、これが社会問題となっている現状ですが、そもそもこういったブラック企業に当たらないために、その対極の概念であるホワイト企業に入ることを目指さなくてはなりません。 今回は、そんなホワイト企業の定義や特徴、ホワイト企業に入社するための方法をご説明したいと思います。
ブラック企業の定義と特徴、入社してはいけないブラック企業のリスト一覧
ブラック企業には入りたくはないけど、ブラック企業ってそもそもどういう特徴があってどういう企業があるんだろう。当記事では、ブラック企業の定義と特徴や入社してはいけないブラック企業のリスト一覧を通してお答えします。

更新情報をFacebookで受け取る

転職ノウハウ
記事をシェアする
フィード購読をしたい人はこちらをフォロー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新記事をお届けします。

関連記事

まだ社畜で消耗してるの?